【水族館アルバム】ノーベル賞の立役者?(オワンクラゲ)

【水族館アルバム】では、水族館で撮影した様々な生き物の写真をご紹介します。

今回は、海遊館のオワンクラゲです。

※学術的な知識はありません。自分自身の勉強も兼ねて、とにかく変だということだけご紹介します。

オワンクラゲって、どんな生き物?

カサがお椀を逆さまにしたような形をしているクラゲです。

透明な体長い触手が特徴的で、見た目がとても美しいです。

オワンクラゲ

カサの中央に見える円形部分は、オワンクラゲのだそうです。

この口を大きく開けて、エサのプランクトンや小魚を丸呑みにします。

長い触手は150本ほどあり、とても絡まりやすいのですが、絡まっても泳いでいると自然にほどけるそうです。

イヤホンとは違って、ちゃんとほどけるよ。

ノーベル賞の立役者?

オワンクラゲをネットで検索すると「ノーベル賞」の記事がたくさんヒットします。

何だろう?と思い、ちょっと調べてみました。

どうやら「緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein)」というオワンクラゲの発行体が、がんの転移遺伝子治療の効果を視覚的に確認できるツールとして重宝されているそうです。

この発行体となるたんぱく質を発見し、ノーベル賞を受賞したのが日本の方で、各水族館での研究や展示方法にも影響を与えているみたいです。

調べた内容が難しかったので、ざっくり言うと「青い光を当てると緑色に光る」みたいです。

見ているだけで癒される

クラゲがふわふわ漂っている姿を見ていると、とても癒されます。

ぼんやりと眺めているだけで、自律神経が整うことが科学的に証明されているようです。

「絶対に癒されるだろうな~」って思いながら、クラゲが漂う姿を撮影してみましたので、短い動画ですがご覧ください。

インスタグラムでも写真を紹介しています。よろしければフォローお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です