ノーベル賞の立役者?「オワンクラゲ」とは

水族館で見つけた綺麗なクラゲ。

ふわふわと水槽内を漂っていました。

調べてみると「オワンクラゲ」という名前だそうです。

オワンクラゲって、どんな生き物?

オワンクラゲ

名称:オワンクラゲ
学名:Aequorea coerulescens
英名:Crystal jellyfish
分類:軟クラゲ目オワンクラゲ科オワンクラゲ属

オワンクラゲは、透きとおった体と繊細な触手が特徴的です。

クラゲの特徴でもあるカサは、お椀を逆さまにしたような形をしています。

透きとおった体の中央には、不思議な丸い輪っかが見えますね。見た目がとても美しいです。

カサの中央に見える円形部分は、オワンクラゲの口(くち)だそうです。

この口を大きく開けて、エサのプランクトンや小魚を丸呑みします。

細長い触手は150本ほどあり、とても絡まりやすいそうです。

しかし、水中を漂っていると、絡まっても自然にほどけます。

ノーベル賞の立役者?

オワンクラゲはノーベル賞の立役者?

オワンクラゲをネットで検索すると「ノーベル賞」の記事がたくさん見つかります。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

「何でだろう?」と思ったので、ちょっと調べてみました。

GFPは、のちに医療現場などで「魔法のマーカー」として応用された。例えば、腫瘍(しゅよう)が増殖しているか、神経障害であるハンチントン病が脳細胞にどのように広がっていくかなど、それ以前には見えなかった生物学的な過程を目視できるようになった。

医療現場で役立つオワンクラゲの「GFP」、ノーベル化学賞

どうやらオワンクラゲの発光体が、がんの転移や遺伝子治療の効果を視覚的に確認できるツールとして重宝されているそうです。

緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein)

オワンクラゲの「緑色蛍光タンパク質」という発光体は、青い光を当てると緑色に光る性質がある。

この発光体となるたんぱく質を発見した下村脩さん(米ボストン大学医学校名誉教授)は、ノーベル賞を受賞しました。

各水族館での研究や展示方法にも影響を与えているみたいですよ。

水族館でオワンクラゲを見てみよう!

いくつかの日本の水族館では、オワンクラゲを展示飼育しています。

オワンクラゲが見られる水族館

クラゲは常設展示されないこともあるため、下記には「過去に展示していた水族館」も含まれています。

  • 鶴岡市立加茂水族館
  • 新江ノ島水族館
  • 名古屋港水族館
  • 新潟市水族館マリンピア日本海
  • 海遊館
  • 京都水族館
  • 九十九島水族館「海きらら」
ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

その他の水族館でも飼育展示しているかもしれません。

クラゲがふわふわと漂っている姿を見ると、とても癒されます。

ぼんやりと眺めているだけで、自律神経が整うことが科学的に証明されているようです。

「疲れたときに見ようかな~」って思いながら、クラゲの動画を作ってみました。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

よかったら、疲れたときに見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。