水族館や動物園でよく見るペンギンの見分け方

よく見るペンギンが似てる

水族館や動物園でよく見るペンギン

水族館や動物園によくいるペンギンって思い浮かびませんか?

屋外に展示されていて、暖かいところに生息しているペンギンです。

あのペンギン

そうです!今、頭に何となく浮かんでいるペンギンです!

そのペンギンは・・・

ぎょぎょぎょ

フンボルトペンギン!
ケープペンギン!

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょ

マゼランペンギン!

・・・え?どれが正解?

すごく似ている

水族館や動物園でよく見るペンギンは、全部同じ種類だと思っていませんか?

 

僕は思っていました。

 

ですが、よ~く見ると実は違う種類のペンギンだってことが分かります。

例えば、京都水族館にいるペンギンは「ケープペンギン」です。

ケープペンギン

須磨海浜水族園にいるペンギンは「マゼランペンギン」です。

マゼランペンギン

南知多ビーチランドにいるペンギンは「フンボルトペンギン」です。

フンボルトペンギン

違いが分かりますか?

3種の見分け方

3つの特徴

3種のペンギンには共通的な特徴が「3つ」あります。

(本当はもっとありますが、最低限の特徴だけ紹介します)

  1. 胸元の黒い帯模様の本数
  2. 胸元の黒い帯模様の太さ
  3. くちばしの周りの色

この3つの特徴に注目すれば、3種のペンギンはだいたい区別できます。

ケープペンギンの特徴

胸元の黒い模様の本数

ケープペンギンの胸元には黒い帯模様が「1本」あります。

胸元の黒い模様の太さ

ケープペンギンの胸元にある黒い帯模様は「細い」です。

くちばしの周りの色

ケープペンギンのくちばしの周りの色は「黒い」です。

マゼランペンギンの特徴

胸元の黒い模様の本数

マゼランペンギンの胸元には黒い帯模様が「2本」あります。

胸元の黒い模様の太さ

マゼランペンギンの胸元にある黒い帯模様は「太い」です。

くちばしの周りの色

マゼランペンギンのくちばしの周りの色は「黒」です。

フンボルトペンギンの特徴

胸元の黒い模様の本数

フンボルトペンギンの胸元には黒い帯模様が「1本」あります。

胸元の黒い模様の太さ

フンボルトペンギンの胸元にある黒い帯模様は「太い」です。

くちばしの周りの色

フンボルトペンギンのくちばしの周りの色は「ピンク」です。

特徴のまとめ

3つの特徴を比較すると

種類 黒い帯模様の本数 黒い帯模様の太さ くちばしの周りの色
ケープ1本細い黒い
マゼラン2本太い黒い
フンボルト1本太いピンク

特徴を比較してみると分かりやすいですね。

黒い帯模様が細ければ「ケープペンギン」、2本あれば「マゼランペンギン」。

くちばしの周りがピンク色であれば「フンボルトペンギン」です。

最後に

ペンギン博士

ここまで分かれば、あなたも立派なペンギン博士!・・・には、まだ早いです。

ペンギンは全部で18種類います。その内、3種類を理解しただけですからね。

しかも、この3種に似ている「ガラパゴスペンギン」という種もいます。

(日本では見られないので、今回は省きました)

ペンギン博士への道のりは、まだまだ険しいですよ!

余談

僕はついこの間まで、全部フンボルトペンギンだと思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です