アクアパーク品川のイルカショーを3回見てきた【見どころ完全ガイド】

アクアパーク品川は、品川駅近くの品川プリンスホテルに併設する水族館です。

アトラクションやカフェバーなど、都会ならではのアミューズメント施設として楽しめます。

幻想的なイルカショー、
国内最大級のトンネル水槽、
ゆるくて楽しいエサやりのパフォーマンス

taku

何度も足を運びたくなるような楽しさがありました!

今回は「これからアクアパーク品川へ行ってみようかな?」と検討している人に向けて、事前に知っておきたい情報を紹介します。

taku

この記事を書いた人
  • 全国の水族館をめぐっている(現在42館)
  • イルカショーに魅了されて1日に3回も見た
  • 5日間で関東の水族館を8か所ハシゴした

アクアパーク品川を最高に楽しむコツは、事前知識を持って行くことです。

この記事を参考にしながら、アクアパーク品川の事前知識を「持ち物リスト」へ忘れずに追加しましょう!

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介したイベントが中止している場合もあります。

・紹介する写真は、おもに2021年に撮影したものです。現在の展示とは異なる場合があります。

・遊びに行く前に、水族館の公式HPやSNSで最新情報をご確認ください。

目次

アクアパーク品川ってどんな場所?

東京都港区にあるアクアパーク品川は「品川プリンスホテル」に併設する水族館です。

海や水辺で暮らす生き物たちと「音・光・映像」が融合するエンターテインメントを楽しめます。

taku

プロジェクションマッピングを駆使したイルカショーに魅了されました!

館内の見どころを写真で紹介

アクアパーク品川の見どころを、実際に撮影した写真と動画で紹介します。

注目したいポイント別に紹介するので「こんな感じなんだな~」と、ゆる~く雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

それでは、ごゆっくりご覧ください!

1F|GROUND FLOOR

アクアパーク品川の館内1F「GROUND FLOOR」は、4種類のエリアに分かれています。

  • Park Entrance(パークエントランス)
  • Magical Ground(マジカルグラウンド)
  • Coral Cafe Bar(コーラルカフェバー)
  • Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュランブル)
  • Friendly Square(フレンドリースクエア)

アトラクションやカフェバーなどのエリアは、デートで楽しむのもおすすめです。

Park Entrance(パークエントランス)

パークエントランスの水槽
パークエントランスの水槽

アクアパーク品川の第1エリアは、Park Entrance(パークエントランス)です。

季節により演出が異なるアートワークと、キラキラ輝く水槽の魚たちがお出迎えしてくれます。

taku

12月に訪れたときは、エリア全体が冬景色に彩られていました。

Magical Ground(マジカルグラウンド)

Magical Ground(マジカルグラウンド)には、非日常の世界を体感できる3つのエリアがありました。

  • イマーシブエリア「パターンズ」
  • アトリウムエリア「カラーズ」
  • アトラクションエリア

館内の水槽展示は、カラフルな装飾や映像の演出で季節に応じて変化します。

taku

エリアの雰囲気を楽しむだけでも、写真やデートを満喫できますよ。

1.イマーシブエリア「パターンズ」

イマーシブエリア「パターンズ」

イマーシブエリア「パターンズ」では、四季と生きものが調和する没入空間を楽しめます。

エリアの雰囲気が季節に合わせて変わるので、何度も足を運んで変化を楽しみたくなりました。

チョウチョウコショウダイ(幼魚)

展示されている魚たちは、どの子も見た目が派手でした。

チョウチョウコショウダイ(幼魚)は、大きく白い斑紋模様が特徴的

taku

おしゃれなブランドのデザインっぽいですよね。

ヒメツバメウオ

観賞魚として人気のあるヒメツバメウオ。

目元のラインやヒレの色合いなど、よく観察すると見た目の特徴がたくさん見つかります。

カンムリベラ(幼魚)

カンムリベラ(幼魚)も見た目の派手さでは負けていません。

成長するにつれて、見た目が大きく変化する魚です。

魚の模様を見ると「どうしてこうなったんだろう?」と不思議に思います。

2.アトリウムエリア「カラーズ」

アトリウムエリア「カラーズ」

アトリウムエリア「カラーズ」は、おしゃれに配置された水槽とアートワークが特徴的なエリアです。

エリア名のとおり、色に特徴のある魚たちが泳いでいました。

クジャクスズメダイ

クジャクスズメダイは、鮮やかな青色が特徴的です。

taku

青い色の魚って綺麗ですよね!

デバスズメダイ

デバスズメダイは、パステルカラーのような淡い青緑色が可愛らしい魚です。

和名の由来は「下顎の歯が突出すること」だそうですよ。

シルバーハチェット

シルバーハチェットは「手斧(ハチェット)」に似ている胸ビレが特徴的です。

よく見ると身体が半透明で「色がない」といった、色にまつわる特徴を持っています。

3.アトラクションエリア

aqua-park-info-10
aqua-park-info-11
previous arrow
next arrow

アトラクションエリアは、水族館にはめずらしい「遊園地」のようなエリアです。

海の世界や海賊船をモチーフとしたアトラクションを楽しめます。

ポート・オブ・パイレーツは、大海原へと出航する海賊船を体感できるダイナミックなアトラクションです。

taku

荒波を乗り越えるかのように揺れ動く海賊船からは、いつも悲鳴が響き渡っていました(笑)

アトラクションには、水族館ならではの装飾や演出が施されています。

小さなお子さんやアトラクション好きな学生には、とくにおすすめなエリアです。

Coral Cafe Bar(コーラルカフェバー)

Coral Cafe Bar(コーラルカフェバー)

アクアパーク品川の館内には、ソフトドリンクやアルコールを注文できるカフェバーがあります。

ドリンクはボトルタイプなので、館内での持ち歩きも可能です。

aqua-park-info-13
aqua-park-info-14
aqua-park-info-15
previous arrow
next arrow

Coral Cafe Bar(コーラルカフェバー)には、水槽展示もあります。

テーブル自体も水槽となっているので、ゆったりと休憩しながら楽しむのもおすすめですよ。

Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュランブル)

Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュランブル)

Jellyfish Ramble(ジェリーフィッシュランブル)は、ゆらゆらと漂うクラゲたちの神秘的な空間です。

カラフルに色が変化する水槽が立ち並び、フロア全体がフォトジェニックな空間に包まれていました。

taku

ライトアップの光と音の演出で、幻想的な空間に没入できますよ。

aqua-park-info-17
aqua-park-info-18
aqua-park-info-19
aqua-park-info-20
aqua-park-info-21
aqua-park-info-22
previous arrow
next arrow

エリア内にある円柱型の水槽には、ミズクラゲやアマクサクラゲなど大小さまざまなクラゲたちが泳いでいました。

taku

不思議な姿を見比べてみるのも楽しいですし、ボーっと眺めるだけでも癒されますよ!

2F|UPPER FLOOR

アクアパーク品川の館内2F「UPPER FLOOR」は、7種類のエリアに分かれています。

  • Little Paradise(リトルパラダイス)
  • Wonder Tube(ワンダーチューブ)
  • Life Museum(ライフミュージアム)
  • Aqua Jungle(アクアジャングル)
  • Wild Street(ワイルドストリート)
  • Friendly Square(フレンドリースクエア)
  • The Stadium(ザ スタジアム)

それぞれのエリアでは、ゆったりしたり盛り上がったりと異なる楽しみ方を満喫できますよ。

Little Paradise(リトルパラダイス)

aqua-park-info-23
aqua-park-info-24
aqua-park-info-25
previous arrow
next arrow

Little Paradise(リトルパラダイス)では、定期的にテーマが変わる9つの水槽群を楽しめます。

カラフルな熱帯魚や温厚なサメたちが、のんびりと泳いでいました。

企画展示「ROLAND魚録展」

企画展示「ROLAND魚録展」

アクアパーク品川へ遊びに行った時期は、企画展示「ROLAND魚録展」を開催していました。

taku

パネルが放つ存在感がスゴくて「さすがROLANDだな」って思いました(笑)

aqua-park-info-27
aqua-park-info-28
aqua-park-info-29
previous arrow
next arrow

企画展示の水槽には「RORANDっぽい一言」で魚たちが紹介されていました。

水槽を泳ぐ魚たちの表情が、なんとなくキリッとしているように見えるので不思議です。

taku

気のせいかな(笑)

Wonder Tube(ワンダーチューブ)

Wonder Tube(ワンダーチューブ)

Wonder Tube(ワンダーチューブ)は、全長約20メートルのトンネル型水槽です。

まるで、海中を歩いているかのような幻想的な空間が広がっていました。

aqua-park-info-31
aqua-park-info-32
aqua-park-info-33
previous arrow
next arrow

水槽内の主役は、ナンヨウマンタや世界で唯一展示されているドワーフソーフィッシュなど大型の魚たちです。

とくに大小さまざまなエイの仲間たちは、翼を広げて飛んでいるかのように優雅に泳いでいました。

アクアパーク品川では、トンネル水槽でのウェディングプランも用意されいます。

taku

海の生き物たちに囲まれながら行うセレモニーは、きっとロマンティックですよ!

Life Museum(ライフミュージアム)

Life Museum(ライフミュージアム)

Life Museum(ライフミュージアム)には、さまざまな骨格標本が展示されていました。

遠くから見るとディスプレイアートのような美しさを感じます。

taku

近くで見ると「理科室みたいだな~」って思いました(語彙力…)

Aqua Jungle(アクアジャングル)

Aqua Jungle(アクアジャングル)

Aqua Jungle(アクアジャングル)には、淡水域に生息する生き物たちがいました。

ジャングルをモチーフとしたエリアは、他エリアとは違った雰囲気に包まれています。

aqua-park-info-36
aqua-park-info-37
aqua-park-info-38
aqua-park-info-39
previous arrow
next arrow

アクアジャングルの主役は、生きた化石ともいわれる大型の淡水魚「ピラルク」です。

taku

写真に収まりきらないほどの大きさでした。

その他にも人気者のカピバラや小さな淡水魚など、多種多様な生き物を楽しめましたよ。

Wild Street(ワイルドストリート)

aqua-park-info-40
aqua-park-info-41
aqua-park-info-42
aqua-park-info-43
previous arrow
next arrow

Wild Street(ワイルドストリート)では、海や水辺で暮らす動物たちに出会えます。

  • コツメカワウソ
  • ミナミアメリカオットセイ
  • ゴマフアザラシ
  • 4種類のペンギン

のんびりしたりバタバタしたり、自由気ままに暮らす動物たちが印象的でした。

芸達者なゴマフアザラシ

aqua-park-info-44
aqua-park-info-45
aqua-park-info-46
previous arrow
next arrow

ゴマフアザラシの「フィーディングタイム(エサやりの時間)」は、アクアパーク品川の人気イベントです。

飼育スタッフさんがエサをあげながら、ゴマフアザラシの特徴や生態について解説してくれます。

taku

フィーディングタイムが終わると、満足した表情でぐっすりと寝ている姿も撮影できました(笑)

ゴマフアザラシのフィーディングタイムでは、賢くて器用なパフォーマンスを披露してくれました。

短いヒレを使ってキャッチボールする姿を見ると、思わず夢中になって「カワイイ!」の言葉が漏れてしまいます。

キングペンギンの赤ちゃんがいた

アクアパーク品川には、キングペンギンを含めて4種類のペンギンがいました。

ペタペタと歩いている子もいれば、スイスイと泳いでいる子もいて水槽内はとても賑やかです。

フィーディングタイム(エサやりの時間)では、ペンギンについてちょっと詳しくなれる知識も学べました。

  • キングペンギン
  • ジェンツーペンギン
  • キタイワトビペンギン
  • ケープペンギン
aqua-park-info-47
aqua-park-info-48
aqua-park-info-49
aqua-park-info-50
aqua-park-info-51
previous arrow
next arrow

身体の大きなキングペンギンは、一段と存在感がありました。

遊びに行った時期は、運よくキングペンギンのヒナにも出会えました。

taku

まだ赤ちゃんのはずなのですが、大人のペンギンと比べても体が大きくて貫禄がありましたよ。

Friendly Square(フレンドリースクエア)

aqua-park-info-52
aqua-park-info-53
previous arrow
next arrow

Friendly Square(フレンドリースクエア)は、コツメカワウソやオットセイ、ペンギンのミニパフォーマンスを楽しめる屋外広場です。

スタジアムで行われるイルカショーとは異なり、生き物たちの息づかいまで感じられるほどの至近距離で楽しめます。

taku

遊びに行ったのが夕方以降だったので、タイミングが合わずイベントには参加できませんでした。

The Stadium(ザ スタジアム)

The Stadium(ザ スタジアム)

The Stadium(ザ スタジアム)では、ダイナミックなドルフィンパフォーマンスを楽しめます。

時間帯(午前・午後)や季節によってパフォーマンスの演目が変わるので、何度も足を運んで楽しめます。

デイバージョン:「イルカのダイナミックなジャンプ」が見どころ
ナイトバージョン:「光と映像の幻想的な演出」が見どころ

taku

この日は同じ演目を3回見ました(笑)

aqua-park-info-55
aqua-park-info-56
aqua-park-info-57
previous arrow
next arrow

ドルフィンパフォーマンスには、3種類のイルカ・クジラの仲間が登場します。

  • バンドウイルカ
  • カマイルカ
  • オキゴンドウ

ジャンプの力強さや泳ぎのスピード感、指示を理解する賢さなど、それぞれの特徴が伝わるパフォーマンスでした。

アクアパーク品川のお土産やお食事

ここからはアクアパーク品川にある「グッズショップや飲食店」の情報を紹介します。

アクアパーク品川オリジナルのグッズもあるので、ぜひチェックしてみてください。

グッズショップ|ルーチェ

アクアパーク品川にあるグッズショップ「ルーチェ」は、豊富なオリジナルグッズを取り揃えています。

とくにアクアパーク品川で見られる生き物たちの「オリジナルぬいぐるみ」は、特徴を捉えたデザインが人気です。

オリジナルグッズの一例
  • オリジナルぬいぐるみ
  • 泡・サンゴ・海草がモチーフのアイテム
  • 季節に合わせた雑貨

軽食|The Stadium横の売店

イルカパフォーマンスを行うThe Stadium横の売店では、軽食やソフトドリンクを提供しています。

メニューの一例
  • ポップコーン
  • ソフトプレッツェルドッグ
  • ソフトドリンク
    (コーヒー・コーラ・カルピスなど)
taku

その他には、スナック菓子やレインポンチョなども販売していました。

アクアパーク品川の基本情報

アクアパーク品川は、さまざまな見どころがあります。ちょっとだけ「行ってみたいな…」って気持ちになりましたか?

ここからはアクアパーク品川に行くときのために、知っておくと便利な情報を紹介します。

入館料金

アクアパーク品川の入館料金

チケット料金

  • 高校生以上:2,300円
  • 小中学生 :1,200円
  • 4歳以上 :700円

年間パスポート

  • 高校生以上:4,400円
  • 小中学生 :2,300円
  • 4歳以上 :1,300円

料金はすべて税込です。

駐車場

アクアパーク品川へ車で訪問する場合は「品川プリンスホテルの駐車場」を利用しましょう。

駐車場料金
  • 乗用車:500円 / 30分

      品川プリンスホテルの駐車場は、土日祝日や大型連休に混雑します。

      できるだけ早めに到着することを心がけましょう。

      最寄駅からのアクセス

      この記事が気に入ったら
      フォローしてね!

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!

      コメント

      コメントする

      このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

      reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

      目次