【鳥羽水族館③】スナメリとガチ〇ピンと人魚に出会った

今回は鳥羽水族館にある12のゾーンの内、「伊勢志摩の海・日本の海」「ジャングルワールド」「人魚の海」の3ゾーンを紹介します。

別記事で、鳥羽水族館について、ザックリとご紹介しているので、良かったらそちらもご覧ください。

【鳥羽水族館①】鳥羽水族館へ行こう!

スナメリとガチ〇ピンと人魚に出会った

伊勢志摩の海・日本の海

伊勢志摩の海は、北は伊勢湾、南は熊野灘に面していて、さまざまな海の生き物が生息しているそうです。

「伊勢志摩の海・日本の海」ゾーンには、そんな伊勢志摩の海に生息する生き物たちが展示されていました。

スナメリは体長が1.8mほどになる小型のクジラです。頭が丸くて、くちばしと背ビレが無いのが特徴です。

スナメリ

瀬戸内海や伊勢湾に多く生息しているそうです。好奇心旺盛なのか、ガラス越しにこちらを覗き込むように、目の前まで寄ってきてくれました。

すっごい見てる

こちらの身振り手振りに反応してくれるので、一緒に遊んでいるようで楽しかったです。

 

高級食材でおなじみのイセエビ。名前にイセ(伊勢)とついているので、伊勢湾で捕れるエビなのかな?と思っていましたが、九州から茨城にかけての太平洋岸に広く分布しているそうです。

高級食材イセエビ

名前の由来には諸説あるそうで、伊勢がイセエビの主産地の一つとされていたことや、磯に多くいることから「イソエビ」と呼ばれ、徐々にイセエビになったという説もあるらしいです。

 

イセエビが生息する岩礁地帯には、多くのウツボたちも生息しています。

ウツボ

ウツボはタコが大好物です。そんなタコはイセエビにとっては天敵です。そんなことから、ウツボとイセエビは不思議と近くで暮らすことが多いそうです。

仲良し?

ウツボはイセエビの近くにいることで、イセエビを狙うタコを捕えやすく、またイセエビはウツボが近くにいてくれることで、タコから身を守ることができます。

 

伊勢湾に生息する生き物たちは色々といましたが、そんな中でも一段と異彩を放っていたのがダイナンウミヘビでした。

思わず二度見して、こう思いました。「なんか刺さっとる!?」

なんか刺さっとる

砂から顔を出す姿から、一瞬だけ水族館の人気者チンアナゴを連想しましたが、すぐにそのイメージは消えました

だって、細くてニョロニョロしてないからね。太くてぶっ刺さっとるもん。

ジャングルワールド

続いては、熱帯雨林気候のジャングルに生息する生き物たちが展示された「ジャングルワールド」ゾーンです。

スケールの大きな熱帯雨林の河川に生息するマナティーピラルクのような、大きな生き物がたくさんいました。

アフリカのジャングルに生息するアフリカマナティーは、人魚伝説のモデルとなったジュゴンと同じ海牛類の仲間だそうです。

アフリカマナティー

うちわみたいに平たくて丸い尾が特徴的です。ずんぐりとした体形でのんびり泳いでいるので、体に付いた藻が成長して緑っぽく見えるとか。

マナティのような丸くて緑っぽい生き物をどこかで見たことがあるな~って思ったのですが、どうやらガチ〇ピンさんでした。

ガチ〇ピン?

そっくりでしょ。

 

熱帯雨林アマゾン川に生息する魚と言えば、巨大魚ピラルクが有名です。

ピラルクの名前は、現地では「赤い魚」という意味で、成長すると体や尾びれに赤い模様が現れるそうです。

ピラルク

ピラルクの泳ぐ水槽には、定期的にスコールが降り注ぎ、より一層アマゾンの雰囲気を感じることができました。

 

観賞魚として人気のアジアアロワナも、熱帯雨林に生息する高級淡水魚です。

アジアアロワナ

こんなアロワナが泳ぐ水槽がある部屋に住むことが昔の夢でしたが、今は水族館でじっくり見られるだけで満足できます笑

 

エンゼルフィッシュもアロワナと同様に観賞魚として人気の魚です。

エンゼルフィッシュ

大きなヒレが特徴的で、泳ぐ姿が天使(エンジェル)のように見えることから、エンゼルフィッシュと呼ばれるようになったそうです。

人魚の海

ジャングルワールドの次は「人魚の海」ゾーンです。ここには、人魚伝説のモデルになったと言われるジュゴンがいました。

ジュゴン

ジュゴンは「ジャングルワールド」ゾーンにいたマナティと同じ海牛類の仲間です。

マナティとの違いはいくつかありますが、分かりやすいのは尾が丸くないことです。

尾の形がマナティーとは違う

エサの海藻をむしゃむしゃと食べている時の口の動きがとても可愛かったです。

エサの時間

ジュゴンは音や光にとても敏感で神経質なため、飼育がとても難しいそうです。

そんなジュゴンを日本で唯一、30年以上も飼育している鳥羽水族館はすごいですね!

今回のまとめ

今回は、鳥羽水族館の「伊勢志摩の海・日本の海」「ジャングルワールド」「人魚の海」の3ゾーンを紹介させてもらいました。

次回は、「極地の海」「奇跡の森」「日本の川」の3ゾーンをご紹介します。

  • 「伊勢志摩の海・日本の海」ゾーンでは、人懐っこいスナメリに出会える
  • 「ジャングルワールド」ゾーンでは、ガチ〇ピンに出会える?
  • 「人魚の海」ゾーンでは、海の人魚ジュゴンに出会える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です