大人でも楽しく読める生き物の図鑑【8選】

子どもの頃から「図鑑」が好きでした。

大人になった今でも生き物が好きなので、書店に気になる図鑑が売っていると読みたくなります。

たまに「面白そうだな」と思った図鑑を買うことがあります。
でも、大人になると読まずに積んじゃうことが多いです。

大人向けの図鑑を買うんですが…内容が難しくて読めないんですよね。

時間に余裕があればじっくり読むかもしれません。
でも、今はサラッと読める本じゃないと積んじゃいます。笑

 

ですが!最近になって、色々と発見しました。

 

内容が易しくてサラッと読めるのに、不思議と生き物に詳しくなれちゃう本が結構あるんです。

 

今回は「楽しく読める生き物の図鑑」を8選ご紹介します。

「勉強になる図鑑」というよりも「暇つぶしになる図鑑」が多いかもしれません。

楽しく読める図鑑①:おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

第1回目の「こどもの本総選挙」で、12万人の小学生たちが第1位に選んだ本です。

一生懸命ですが、どこか「ざんねん」な弱点を持つ生き物たちが紹介されています。

おすすめポイント

  • ちょっと笑える生き物の「ざんねん」な生態が分かる。
  • 生き物のあまり知られていない習性が分かる。
  • いつの間にか生き物に詳しくなれる。

よく知っているはずの身近な生き物の、意外な一面が分かるので面白いです。

中には「本当かよ」って思う内容もありますが、雑学ネタ程度には十分楽しめます。

 

役に立つ知識は、ほとんどなかったですけどね。笑

 

人気があり売れている本なので、続編が何冊か出ています。

今回紹介したのは「第1巻」にあたる本です。
内容が気に入ったら続編も購入してみてください。

楽しく読める図鑑②:カワハタ先生の動物の不思議 どこがおなじでどこがちがうの?

花まる学習会の名物先生が、動物の不思議な疑問に答えてくれる本です。

こちらの本は、けっこうマニアックな内容です。
生き物好きには、割とおすすめしたい1冊です。

おすすめポイント

  • 似ているようで、実は違う。そんな生き物の違いが分かる。
  • 誰もが「何となく疑問に思ったことのある不思議」が解決できる。
  • 子供向けの本ですが、たぶん大人の方が食いつく。

子どもの頃、調べる程じゃないけど疑問に思ったことがたくさんあります。

例えば、「カタツムリとナメクジって同じ生き物?」とか。

そんなに興味はないんだけど、分かるとちょっと嬉しい知識が詰まっています。

 

子ども向けの本なので、勉強のために買ってあげても役に立ちます。
ですが、意外と大人が読んだ方が面白く感じると思います。

「共生と寄生の違い」とか、僕は食いつきました。笑

楽しく読める図鑑③:ブラックないきもの図鑑(動物たちの知られざるきびしいオキテ)

人間界でも「ブラック企業」という言葉が浸透しています。
実は生き物たちもブラックな環境に悩まされているようです。

そんな生き物たちの過酷な生態が、可愛いイラストと一緒に紹介されています。

おすすめポイント

  • 生き物のブラック(過酷)な生態が分かる。
  • 生き物目線の語り口調が楽しい。
  • かわいいイラストも、面白さを増している。

普段、何気なく見ていた生き物たち。
「のんびりしてるな~」なんて思ったら、意外とブラックな環境で生きていました。

思わず、「なんでそんな無茶するんだよっ!」って言いたくなります。

同じようにブラックな環境で頑張っている身として、生き物たちにちょっと優しくなれるかもしれません(T-T)

楽しく読める図鑑④:恋するいきもの図鑑

ブラックな環境に悩む生き物もいれば、恋する生き物もいます。

この本は、さまざまな生き物の「求愛行動」に着目しています。

おすすめポイント

  • 生き物の不思議な求愛行動が分かる。
  • 様々なパターンがあり、求愛の方法が「こんなにあったのか」と驚く。
  • フルカラーのイラストが可愛いので、楽しく読める。

生き物たちの求愛行動は多種多様です。

派手な格好をしたり、強さをアピールしたり。意外と人間と似ていますね。
ですが、中には「それで本当に惚れるの?」って行動もあります。

イラストが可愛いので、楽しく面白く読める一冊です。

楽しく読める図鑑⑤:世界の美しいサメ図鑑

映画「ジョーズ」でおなじみのサメ。めちゃくちゃ怖いですよね。
ですが、実はサメって流線形のフォルムが、めちゃくちゃ美しいんです。

この図鑑を読めば、それが分かります。

おすすめポイント

  • 「サメって怖くないよ、美しいんだよ」が分かる。
  • 掲載されている写真がキレイ。写真集みたい。
  • 掲載されているサメの種類が豊富で、サメに詳しくなれる。

この本は「サメに詳しくない人」が読んでほしい一冊です。

サメは「怖いイメージ」ばかりが先行してしまいがちです。
でも、よく見ると美しくカッコ良いフォルムをしています。

 

この本でサメを好きになれば、水族館で出会うサメの印象がきっと変わります。

意外と知らないサメもたくさんいて、楽しくサメに詳しくなれますよ!

楽しく読める図鑑⑥:それでもがんばる!どんまいなペンギン図鑑

ペンギンに特化した図鑑です。

可愛いイラストで、ペンギンの可愛い生態が楽しく紹介されています。

おすすめポイント

  • ペンギンに詳しくなれる、ペンギン好きのための図鑑。
  • イラストが可愛いので、楽しく読める。
  • 可愛いイラストの割に、意外と学術的な知識も載っている。

水族館で見られるような、ペンギンの可愛くて面白い生態が紹介されています。

水族館のペンギンをよく見ると、うつ伏せかかと立ちする姿が目立ちます。
これらの行動には、ちゃんとした理由があるんです。

そんな「ペンギン雑学」を可愛いイラストと共に、楽しく学べる一冊です。

楽しく読める図鑑⑦:もふもふ動物

女子小学生向けの本です。

でも関係ない。もふもふが好きだから関係ない。

おすすめポイント

  • もふもふがたまらない。
  • 小さくて可愛い動物が、たくさん載っている。
  • 子ども向けの本。でも、もふもふが好きなら大丈夫!

毛がふわふわ。思わず撫でたくなるような動物の図鑑です。

もふもふした可愛い動物が中心なので、女の子は絶対に喜びます。

 

動物の雑学的な読み物(マンガ)もあるので、楽しく読めます。

学研の図鑑、しかも「forガールズ」。女子小学生向けの本です。

 

でも関係ない。大きなおじさんだって、疲れたときに楽しめる本ですよ。笑

楽しく読める図鑑⑧:ギョギョギョ!おしえて!さかなクン

魚と言えば、さかなクンです。

さかなクンの溢れんばかりの魚への愛が、この一冊に詰め込まれています。

おすすめポイント

  • 子供が「ギョギョ!」と驚く、魚の意外な生態や習性が分かる。
  • さかなクン自ら描いたイラストが可愛く、魚への思いが伝わってくる。
  • 外来種の問題など、大人も「考えさせられる」内容がある。

さかなクンが大好きな「お魚」の知識を紹介してくれる本です。

紹介されている内容は、割とマニアックな印象が強いです。
ですが、文章が子供向けに書かれているため、意外にもサラッと読めてしまいます。

好奇心旺盛な子供は興味深く読めますし、大人は魚のことを深く考えさせられるような不思議な一冊です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

子どもの頃に夢中になっていた図鑑は、バラエティ豊かな種類が増えていました。

あの頃の自分と同じように、きっと今の子供たちも楽しめるものばかりです。

だって、今は大きなおじさんなのに、楽しく読んでいる人がいますからね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です