【水族館アルバム】日本固有の魚ユウゼン【かわいい生き物】

すみだ水族館に行った日のことです。

チョウチョウウオが泳ぐきれいな水槽をボーっと眺めていました。
すると、ある1匹の魚に一目惚れしてしまいました。

その魚はカラフルな熱帯魚が泳ぐ水槽の中で、異彩を放つ「真っ黒な体」をしていました。

ユウゼン

どうやらこの魚は「ユウゼン」という名前のようです。

真っ黒な体なのに、なぜかきれいに見えてしまう不思議な魚でした。

ユウゼンって、どんな魚?

ユウゼンは、日本の小笠原諸島や伊豆諸島などに生息しています。

これらの場所は、「ダイビングスポット」として人気です。

小笠原の海を潜るダイバーにとって、おなじみの魚かもしれません。
ですが、海外の人にとっては「日本でしか見られない」貴重な魚です。

警戒心が薄く、ダイバーに近寄ってくるので「人懐っこい魚」として人気もあります。

ユウゼンの、ここが「かわいい」

写真はトゲチョウチョウウオ

ユウゼンはチョウチョウウオの仲間です。

チョウチョウウオの仲間は、可愛らしい顔つきと色鮮やかな模様が人気です。

ヒラヒラと蝶々のように泳ぐ姿も可愛らしいです。

地味で真っ黒な体が特徴的なユウゼンですが、尾ヒレ側にきれいな黄色のラインが入っています。

一枚一枚のウロコが、白く縁どられているのも特徴的です。

日本固有の魚だからなのか、「和風の美しさ」を感じてしまいます。

ユウゼンの名前の由来

ユウゼンの名前は、着物の伝統的な染色技法である「友禅染」が由来です。

着物に施された草花の美しい描写は、まさに日本の伝統芸術と言えます。

友禅染の特徴は、染模様の輪郭を表現する「糸目糊(いとめのり)」です。

糸目糊の白い縁取りが、ユウゼンのウロコにある白い模様と似ています。

尾ヒレの黄色いラインも着物の帯のように見えます。

まさに日本固有にふさわしい、和風の特徴を持った魚です。

水族館に行って、ユウゼンを見てみよう!

日本固有の魚としてユウゼンを展示飼育している水族館は、何か所かあります。

知っている限りでは、すみだ水族館と葛西臨海水族園にいました。

ユウゼンという名前の由来を知らないと、ただの「黒くて地味な魚」です。

おそらく水槽を泳いでいても、じっくりと意識して見ることは少ないと思います。

ですが、美しい友禅染が由来となっていることを知っていれば、きっと見え方が変わるはずです。

水族館でユウゼンを見かけることがあったら、その美しい姿をじっくりと観察しましょう!

魚の生態を知ってから実物を見ると、新しい発見があるかもしれませんよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です