小さな水族館!?ウミウシminimini水族館【天保山】

天保山マーケットプレースで、小さな水族館を発見しました。

その名も「ウミウシminimini水族館」
ショッピングモール(天保山マーケットプレース)内に、小さな水槽が並んでいるだけの小さな水族館でした。

ウミウシminimini水族館のウミウシたち

ここからは、ウミウシminimini水族館に展示されていたウミウシたちを、写真と一緒に紹介していきます。

ウミウシたちは、どれも小さくて写真に収めるのが大変でした…
画質の悪さは、大目に見てください。

ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシ

体の色はうすい青で、3本の黒いスジがあります。触覚やエラにある粉状の斑点が美しく、「ミゾレ」という名前がぴったりですね。

ウミウシminimini水族館

アンナウミウシ

アンナウミウシ

青色の体をとり囲んで黒、白、黄色のふちどりがあります。触覚とエラはやや濃い黄色です。小さいけれど美しいウミウシです。

ウミウシminimini水族館

アオウミウシ

アオウミウシ

大阪湾の磯でもたくさん見られる人気のウミウシです。青い体に黄色いスジがあり、触覚とエラが赤いのが特徴です。

ウミウシminimini水族館

チリメンウミウシ

チリメンウミウシ

白い体に赤い模様が美しいウミウシです。サラサウミウシに近い仲間で、以前は同じ種とされていました。

ウミウシminimini水族館

フィリディエラ・ゼイラニカ

フィリディエラ・ゼイラニカ

ピンク色のイボのすき間の黒色が9本ほどの線状になります。フィリピンからやってきたウミウシで、日本ではまず見られません。

ウミウシminimini水族館

ハナデンシャ

ハナデンシャ

やや深い海にすむ大型のウミウシです。乳白色のからだに、赤と黄色のイボがあります。大阪湾では、底引網の漁師さんの網にかかることがあります。クモヒトデをえさにしています。

ウミウシminimini水族館

ヒュプセロドーリス・プルケッラ

ヒュプセロドーリス・プルケッラ

マダライロウミウシに近い種類ですが、全身にだいだい色の波紋があるのが大きな特徴です。口のあたりとエラをゆらゆら動かしながら歩きます。

ウミウシminimini水族館

コイボウミウシ

コイボウミウシ

背中全体にイボのあるイボウミウシの仲間でも、一つひとつのイボが小さいのでこう呼ばれます。水面際にいることが多いです。

ウミウシminimini水族館

ミヤコウミウシ

ミヤコウミウシ

体表に青い水玉模様のある美しいウミウシです。カイメンを食べます。

ウミウシminimini水族館

シラヒメウミウシ

シラヒメウミウシ

おとなでも体長10mmの小さな体です。触覚とエラは赤く、真っ白な体は、赤と黄色の2色でふちどられています。雪ウサギみたいでしょう。

ウミウシminimini水族館

その他

ウミウシminimini水族館の展示は、生態の状況や季節ごとの入れ替えが発生します。

写真で紹介したウミウシ以外の、めずらしいウミウシが展示されることもあるので、ぜひチェックしてみてください!。

ちょっと雑談

ウミウシに対する個人的な話

数か月前の話ですが、ダイビングのライセンスを取得しました。
ダイビングを始めたきっかけは、「ウミウシのきれいな写真を撮りたい」と思ったことです。

水族館に展示されているウミウシは、何回か撮影したことがあります。
ですが、ウミウシはとても小さな生き物です。
今回撮った写真のように、どうしてもカメラのピントが合わず上手く撮れませんでした。

ピントが合わなかったり、水草が障害物になったり…

カメラと被写体の距離が近すぎると、ピントが合ってくれません。

少し距離を置くと、せっかく撮影したウミウシが小さく映ってしまいます。
さらには、水槽のガラスに自分が映り込んでしまうこともあり、苦戦続きです…

小っちゃくなっちゃう

こんなことなら、「水槽の中に潜って撮れたらいいのにな。」
なんて思った時、決意しました。

ダイバーになって、海の中でもっと良い写真を撮ろう!

まだ水中カメラを持っていないので、水中写真を撮ったことはありません。
ですが先日のダイビング中に、ウミウシを手の上にのせてもらいました。

ウミウシを超至近距離でじっくり見れたので、めちゃくちゃテンションが上がりましたよ!

待ってろよウミウシ!

ウミウシminimini水族館に行くまでは、「ウミウシは小さな生き物」だと思っていました。

この子を見て、そんな常識が覆されるとは…

体長15cmのハナデンシャ

大きいから、めっちゃピント合う。

基本情報・各種リンクなど

ウミウシminimini水族館の基本情報

期間:平成26年7月19日(土)より開催中
時間:11:00~20:00
   ※天保山マーケットプレースの営業時間に従う
場所:天保山マーケットプレース3F
   ※「鶴橋風月」前
料金:無料
展示:アオウミウシ、シロウミウシなど
   ※展示の入れ替えあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です