南知多ビーチランドに行ってきました【展示エリア別に写真や生き物を紹介】

こんにちは。
ぎょぎょぎょ(@sakanayarou012)です。

2019年10月某日。「南知多ビーチランド」に行ってきました。
今回は南知多ビーチランドでの思い出や撮影した写真などの紹介です。

展示エリア別に紹介するので「こんな感じなんだな~」と、ゆる~く雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

それでは、ごゆっくりご覧ください!

動画で見たい方はこちら


海洋館

海洋館の入口

海洋館の入口には「レックダイブ」の文字が。
レックダイブってなんだろう?

さっそく中に入ると、フロアがちょっと薄暗い
朝早く来すぎて、まだ準備できていなかったかな?

海賊船

なんて思ったのは勘違いでした。
ここでは海賊船が沈む薄暗い海底にダイブしたかのような気分で、探検しながら魚たちを観察できます。

海賊船の中に魚が!?

フロア内の水槽は、沈没した海賊船の世界観が表現されていました。

海賊船を住みかにした魚たちを覗き込む。
そんな雰囲気が漂っていました。

スナメリ

海賊船の奥には海底洞窟のエリアがあり、生き物たちが洞窟にひっそりと暮らしています。

好奇心旺盛なスナメリは、もしかしたら洞窟に眠る何かを探しに来たのかも?

子どもの海ガメ

小さなウミガメもいました。
海底洞窟で生まれたのかな?

ミツクリザメ

生き物の他には、こんな展示もありました。

ミツクリザメの標本です。
深海に住む悪魔のサメと呼ばれています。

海底に沈没した海賊船と、いったいどんな関係が…!?
なんて想像をしてしまいそうな海洋館でした。

ペンギン館

ペンギンの王様

海洋館の隣には「ペンギン館」エリアがあります。
館内にいたのは、オウサマペンギンとジェンツーペンギンです。

オウサマペンギンは、どっしりとした王様の貫禄
カメラを構えた僕のことなんて気にもしません。

キョロキョロ

一方、ジェンツーペンギンは辺りをキョロキョロ、周りをペタペタと歩いて落ち着きがありません。

カメラを向けるとこの表情。
何撮ってんだよ。って言いたそう?

ジェンツーペンギンを近くで見ると、頭の白い模様がよく分かります。
“ジェンツー”の呼び名は、このターバンを巻いたように見える白い模様が由来(※)しているそうです。

※ フォークランド諸島でインド系の人をジェンツーと呼び、頭の白い模様がターバンを巻いたインド系の人々に似ていたためと言われています。

引用元:南知多ビーチランド 公式HP

セイウチ館

サクラちゃん

セイウチ館には、大きな体を持つ2頭のセイウチがいました。

メスのサクラちゃんは好奇心旺盛です。
カメラが気になるのか、水槽のガラスに顔を押し付けるほど近くに来てくれました。

キックくん

オスのキックくんは、まるで温泉に浸かっているかのような表情です。
あと一歩で「寝落ちするんじゃないか?」ってくらいウトウトしていました。

大きな足

距離がとても近かったので、大きな足もよく観察できました。
ダイビングで使うフィンみたいです。

ウトウトしているキックくんを少しだけ撮影してみました。短い動画ですが、よかったらご覧ください。


ちょっと寄り道

セイウチ館を出た後「そういえば海洋館にコツメカワウソがいたはずだ」と思い出し、再び海洋館に戻りました。

コツメカワウソの元へ向かったのですが…

起こさないで。

まだ寝てました。
朝一だったからね。寒かったし。

うちのカワウソが…

隣の水槽を見ると、ウミガメが丁寧に頭を下げてくれました。

「次回は早起きするよう言っておきます。」

イルカふれあいプール

バンドウイルカ

イルカふれあいプールでは、手が届きそうなくらい近い距離でバンドウイルカが泳いでいました。

南知多ビーチランドでは、イルカにタッチできるイベントが開催されています。
プールで泳ぐイルカと無料で握手できる人気イベントです。

人生で一番近い距離でイルカを見られたので、じーっと見つめていたらイルカが近くにやってきて…

さわる?

シッポを差し出してきました。
「さわっていいよ」ってことなのかな?

お気に入り?

そんなサービス精神旺盛なイルカたちは、ブイ(浮き具)がお気に入りなのか、ずっとおもちゃにして遊んでいました。

ペンギンプール

フンボルトペンギン

ペンギンプールには、たくさんのフンボルトペンギンがいました。

ペンギン館にいたジェンツーペンギンと見た目が似ています。
ジェンツーペンギンは頭に白い模様があるのに対し、フンボルトペンギンは顔の下(首元)に白いラインが入っているのが特徴的です。

ひなたぼっこ中

この日は天気が良かったので、みんなのんびりとひなたぼっこをしていました。

 

ふれあえるよ

このプールでは、ペンギンとのふれあいイベントが開催されています。

エサをあげたりタッチしたりできる人気イベントですよ。

アザラシプール

いい湯だな?

アザラシプールには、ゴマフアザラシがいます。
天気が良かったからか、まるで温泉につかるかのようにのんびりした様子です。

(たしか、セイウチもこんな感じだったような…)

くつろぎ中

こっちの子は、風呂上りのくつろぎタイムかな?

最高な朝の過ごし方だな。笑

ウミガメプール

ウミガメ

ウミガメプールには、3種類のウミガメたちが泳いでいます。
エサも売っているので、ウミガメたちのエサやりも体験できるエリアです。

クロウミガメ

中には珍しいクロウミガメもいました。
黒い体が特徴で、日本で飼育されている水族館は少ないそうですよ。

イルカスタジアム

ポポちゃん

約1000人が収容できるイルカスタジアムでは、迫力満点のアシカ・イルカショーが開催されています。

南知多ビーチランドのショーは、アシカとイルカのコラボレーションが見どころです。

ア゛ーーーーー

アシカはユーモアのある動きで、楽しい演技を見せてくれました。

ショーはお客さんも一緒に楽しめる参加型です。
お客さんの掛け声に合わせて、アシカのポポちゃんも大きな声を出していました。

目の前まで来てくれる!

アシカのポポちゃんは、こんなに近くまで来てくれます。
本当に目の前でした。

ジャンプ!

そんなアシカに負けじと、イルカたちはダイナミックなジャンプを披露してくれます。

大ジャンプ!!

お得意のジャンプはもちろん、ボールを蹴り上げるハイジャンプも迫力満点でした。

アシカとイルカの演技は個人技だけではありません。
息の合ったコンビプレーも見せてくれました。

そんな、ショーで活躍するアシカやイルカの様子を少しだけ撮影してみました。短い動画ですが、よかったらご覧ください。


イルカホール

イルカホール

ショーが終わると、主役のイルカたちはスタジアムの外に戻っていきました。
イルカホールは、そんなイルカたちの控室です。

おもちゃに夢中?

ダイナミックな泳ぎやジャンプを見せてくれたイルカたちも、ここではのんびりとしています。

定番のおもちゃ?になっているブイ(浮き具)を加えながら、日差しを浴びて気持ちよさそうに泳いでいます。

光のカーテン

水槽内に降り注ぐカーテンのような光が、とてもキレイでした。

ふれあいおさかな館

ヒラメがいっぱい

ふれあいおさかな館は、ヒラメやマアジなどの魚たちにエサやりができます。

 

ゴンズイ

食欲旺盛なピラニアや猛毒を持つゴンズイなどもいましたが、この魚はさすがに見るだけでした。

最後に

アシカのポポちゃん

南知多ビーチランドの「アシカ・イルカショー」はとても見ごたえがありました。

アシカの「ポポちゃん」とイルカのチーム「ボンバーズ」は、キャッチボールやダンスなど息の合ったコンビ芸が凄かったです。

南知多ビーチランド

南知多ビーチランドは、イルカやペンギンなどの水族館の人気者たちと手が届きそうなほど近い距離でふれあえる魅力があります。

遊園地「南知多おもちゃ王国」も隣接しているので、小さな子供は1日中遊んでも足りないくらい大満足できるスポットです。

20年くらい前に来たかったな。笑

おまけ:思い出の一枚を!フォトスポット

家族で記念写真?

南知多ビーチランド内には、たくさんのフォトスポットがあります。

 

インスタ映え?

団体でも撮影できるようなフォトスポットもあれば、カップルで撮影したくなるようなフォトスポットまでさまざまです。

 

色んな意味でスベラナイ?

「スベラナイ神社」なんて変わったスポットもあります。
受験生にとっては、パワースポットになるかも!?

ペットも一緒に入館できるので、可愛い愛犬との記念撮影もできちゃいますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。