【葛西臨海水族園】超珍しいアオザメの展示【たった1日】

こんにちは。
ぎょぎょぎょ(@sakanayarou012)です。

ペンギンくん

Twitterで「アオザメだ~!」って騒いでるけど何かあったのかな?
アオザメは水族館で滅多に見る機会がないサメだね。どこかの水族館に展示されたのかな?

ぎょぎょぎょ

アオザメがちょっとした話題になった

2019年11月20日。Twitterの水族館好きたちが、慌ただしくなるような出来事が起こりました。

「葛西臨海水族園にアオザメが搬入された」

この出来事はちょっとした「アオザメフィーバー」を巻き起こし、僕のタイムライン上を埋め尽くしたのです。

しかし、僕はこのとき、以下のように思っていました。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

アオザメって何だ?どうしてそんなに騒いでるんだ?

残念ながら、僕はサメに詳しくありませんでした。

そもそもアオザメって何?

アオザメは「最速で泳ぐサメ」と呼ばれています。下記にアオザメの特徴をまとめてみました。

  • 英名は「Shortfin mako shark」
    訳すとヒレが小さいサメ
  • 体長は約2m。大きいものは4mくらい
  • 背中がメタリックブルーの鮮やかな色
  • 胴体は筋肉質で強い推進力を生み出す
  • 小さなヒレは水の抵抗を限りなく抑える

アオザメの写真を見ていると、無駄のないフォルムで弾丸のように速く泳ぐ姿が浮かんできます。

マグロやカツオなどの魚を捕食するらしいので、よっぽど速く泳ぐんでしょうね。

チャンスは一生に一度?

さて、そんなアオザメが搬入されたことに、なぜ多くの水族館好きが盛り上がったのでしょうか?

その理由は、アオザメが「とても飼育の難しいサメ」であるからです。

運良く展示されても、数日も持たずに終了してしまいます。

水族館でアオザメが生きて泳ぐ姿を見られるなんて、一生に一度あるかないかの奇跡と言えます。

それを知っていたから、水族館好きやサメマニアが盛り上がったのでしょうね。

たった1日

結局、葛西臨海水族園のアオザメは「たった1日」で展示が終了してしまいました。

Twitter上に投稿されたつぶやきには、以下の報告が多かったです。

つぶやき

「水槽内の壁やアクリルによくぶつかっている」

「壁にぶつかっては、水槽の底に沈んで泳ぐのをやめてしまう」

おそらく、大海を猛スピードで泳ぐアオザメにとって、狭い水槽は合わなかったのかな?

水槽の壁を認識できず、ぶつかってダメージを追ってしまうのでしょうね。

アオザメはマグロと同じように、泳いでいないと呼吸が止まってしまう魚です。

アオザメを水槽で飼育するには、よほど環境を整えてあげないと難しいのかもしれません。

それを考慮して葛西臨海水族園の「マグロ回遊水槽」に搬入されたんだと思うのですが、上手くはいかなかったみたいです。

次回のチャンスがあれば…

アオザメが生きて泳ぐ姿を見られることが、どれほどラッキーなことなのか分かりました。

今回は葛西臨海水族園に搬入され、たった1日のチャンスでした。

運良く見られた人は、本当に良かったと思います。
中には仕事を休んで見に行った人もいるとか…

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

次のチャンスは、いつか来るのかな?

次のチャンスがあれば見に行きたいけど、できれば地元(名古屋あたり)に来てほしいな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。