ぎょぎょまが#1|名古屋港水族館フリーマガジン的な日記

こんにちは。ぎょぎょぎょです。

名古屋港水族館が好きなぎょぎょぎょが

「名古屋港水族館について書きたいこと」

を好き勝手に書くだけのフリーマガジン的な記事『ぎょぎょまが』。

今回は記念すべき第1回です。

特集:ベルーガのナナは遊びの達人

先日、ベルーガの公開トレーニングを見ました。

主役は「ナナ」ちゃん。名古屋港水族館生まれの女の子です。

ナナちゃんの第一印象は「とにかくアピールが激しい」の一言に尽きます。

パフォーマンスが成功するたびに「ワッ!」と声を出して、飼育係さんに向かっていく姿が印象的です。

館内の解説パネルを見ると。

「だれよりもおもちゃや飼育係と遊ぶことが好き」

ナナちゃんは好奇心旺盛です。

飼育係さんはパフォーマンスのご褒美として、ベルーガの口やおでこを撫でてあげます。

ナナちゃんの表情を見ると、とても嬉しそうですね!

いきもの図鑑No.1:アデリーペンギン

アデリーペンギン

名古屋港水族館の生き物を紹介する「いきもの図鑑」。

今回は当ブログアイコンのモデルでもあるアデリーペンギンです。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

僕はペンギンだって知ってた?

水族館のペンギンたちは、うつ伏せで寝転がっているイメージがあります。

休憩しているのか寝ているのか。

どちらにしても、リラックスしている雰囲気が可愛いです。

どこから見てもまんまるです。

僕はおはぎが好きだから…

どうしてもおはぎに見えてしまう。

後ろから見ると、おしり丸出しです。

リラックスしてるんだろうな。

ちなみに、僕はおしりをアップで激写しちゃいます。

(もちろん、普段はそんなことしませんよ!)

そして見てください。

この表情ですよ。

こりゃ良い夢でも見てるんだろうな。

水族館と学び:南極海のシャチは5種類いる

南極海に生息するシャチは、異なる生態をもつ5種類に分けられるそうです。

タイプ生態
A・南極大陸周辺の氷に覆われない海域を広く泳ぎまわる
・大型のクジラを捕食する(クロミンククジラなど)
・見た目は他の海で見られるシャチと似ている
B
(大型)
・海に浮かぶ氷の間を泳ぎまわる
・氷の上で休むアザラシ類を捕食する
・アイパッチがとても大きい
B
(小型)
・氷の少ない南極半島西側を泳ぎまわる
・ペンギンや魚類を捕食する
・アイパッチがとても大きい
C・ロス海を中心に泳ぎまわる
・魚類を好んで捕食する
・他の種より小型で、アイパッチが細くつり上がっている
D・南極大陸から離れた南緯50~60度辺りの海域を泳ぎまわる
・観察例が少ないので、生態が解明されていない
・アイパッチが極めて小さく、額が大きく突き出している
※スマホは表を横スクロールできます

シャチは1種類だと思っていましたが、生息域によって見た目や捕食対象が若干異なるようです。

異なる種のシャチたちは独自の生態系を作っており、お互いに交流することがありません。

今後さらに種の個性が強まっていくと、イルカやクジラのように「○○シャチ」と区別されるかもしれませんね。

ぎょぎょさんぽ

『ぎょぎょさんぽ』は、ぎょぎょぎょが名古屋港水族館で

  • 体験したこと
  • 挑戦したこと

をゆる~く紹介するコーナーです。

ナンキョクオキアミチャレンジ #1

ナンキョクオキアミ
ナンキョクオキアミ

ナンキョクオキアミチャレンジとは、ナンキョクオキアミを「いかに上手に撮影するか」という挑戦です。

このナンキョクオキアミを展示している環境は、個人的に撮影難易度が激ヤバだと思っています。

名古屋港水族館が撮影した写真

1枚目の写真は、ものすごく苦戦した結果、ようやく撮れた一枚です。

最終目標は名古屋港水族館公式の写真と同じクオリティ。

ちなみにナンキョクオキアミを常設展示している水族館は、名古屋港水族館しかありませんよ!

アラサー社会人がのぞき窓に潜入してみた

のぞき窓
のぞき窓

名古屋港水族館の南館にあるウツボが泳ぐ水槽。

この水槽の中央に、ヘルメット型の「のぞき窓」があることを知ってますか?

トンネルのような入口から水槽の裏側へ潜入できる、子どもがハイテンション間違いなしの空間です。

そんなのぞき窓へ、アラサーのおじさんが突入してきました。

のぞき窓から見た景色
のぞき窓から見た景色

トンネル内に入ると、こんな感じで水槽の内側を眺められるわけです。

えっ?もっと良い写真ないのかって?

近くにいた子どもたちの「不思議な人を見るような視線」を感じて、この一枚しか撮れませんでした…

注意

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在は展示を使用できない場合があります。

とっておきの一枚

何してるの?
何してるの?

水槽内を清掃するダイバーさんに、バンドウイルカたちは興味津々です。

「遊んでくれるかな?」なんて期待のこもった視線を送っています。

でも、ダイバーさんはお仕事中なので、相手をしてあげられません。

この後バンドウイルカたちは、構ってくれないダイバーさんにイタズラをして掃除の邪魔をするのでした。

最後に(余談)

今回は第1回目ということで、実験的に『ぎょぎょまが』という記事を書いてみました。

「名古屋港水族館の情報をお届けするフリーマガジン」をイメージしてみたのですが、レイアウトも内容もなかなか難しいですね。

名古屋港水族館が定期的に発行する機関誌「さかなかな」を結構パクら…参考にさせてもらいました。

今後もあんなことやこんなことをお届けしますので、おうち時間の暇つぶしにお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です