水族館好きがおすすめする水族館の楽しみ方【10選】

水族館を最高に楽しみたい

水族館には、さまざまな楽しみ方があります。

のんびり水槽を眺めたり、イルカとふれあったり、たくさんの写真を撮ったり…

すでに十分楽しめていると思いますが、もっと楽しめるようになりたいと思いませんか?

今回は、水族館に行くのがもっと楽しくなるような「10個の方法」を紹介します。

水族館を楽しむ10個の方法

1.お客さんの少ない時間帯を狙う

せっかく水族館に来たのに、「人が多すぎて水槽が見えない…」なんて経験ありませんか?

どうせなら生き物たちを、しっかりと見て楽しみたいですよね。

そんな時は、お客さんの少ない時間帯を狙ってみましょう。

特に開館直後や閉館直前は、比較的に人が少ない時間帯です。

イルカショーなどのイベントで、1ヵ所に人が集まる時間帯も館内のお客さんが少なくなります。

お客さんの少ない時間帯を狙って、水槽をひとり占めできれば最高ですよ!

(まずは早起きを頑張りましょう…)

2.生き物の習性を理解する

本を読んだり、ネットで調べたりして、生き物の習性を理解するのもおすすめです。

生き物のことを詳しく知れば、実際に水族館で見た時の楽しさが倍増します。

実際に生き物を見て、疑問に思ったことを調べてみるのもおすすめです。

さまざまな知識が増えることで、生き物への興味が増し、だんだんと好きになっていきますよ!

3.生き物の個性を知る

好奇心旺盛な生き物たちは、人とコミュニケーションをとってくれます。

しかし、そんな生き物にも「個性」があるようです。
わんぱくな子もいれば、恥ずかしがり屋さんもいます。

お休み中

元気いっぱいに動き回っていたかと思えば、疲れたらぐっすりとお休みモードです。

上手くコミュニケーションがとれない時は、少し時間をおいてみたり、接し方を変えてみたりすると良いですよ!

4.安心させることが大事

生き物は人を怖がります
敵意がないことを伝え、安心させてあげることが大事です。

生き物と距離を近づけたいときは、焦らず時間をかけて信頼を得るようにしましょう。

初対面なのにグイグイ来る人は、人間でもちょっと嫌ですからね。笑

じっくりと信頼を得ると、だんだんと生き物の方から、こちらを気にするような仕草を見せてくれるようになりますよ!

5.こちらも生き物を怖がらない

いざ生き物に近づいてみると、意外と大きくて急に不安になることがあると思います。

そんな「不安な感情」は、生き物に伝わってしまいます。

水族館で飼育されている生き物は、飼育員さんと穏やかに過ごしています。

怖がることなく、優しい気持ちで接すれば大丈夫です!

生き物も人間を怖がります。
優しくされた分、優しさを返してあげましょう。

6.においをかがせる

生き物と直接ふれあえる場合は、においをかがせてあげると安心するようです。

手や衣服のにおいをかがせてみると良いかもしれません。

ただし、香水などの人工的なにおいは嫌がるかもしれないので、注意してください。

加齢臭が気になるおじさんでも、きっと大丈夫ですよ!(たぶん)

7.声をかける

頭の良い生き物は、自分の名前を理解しています。
名前を読んだら、リアクションをしてくれるかも!?

ただし、用もないのにやたらと呼ぶのはやめてあげましょう。

8.目に注目する

生き物の目に注目すると、感情を読み取れるかもしれません。

目をキョロキョロさせながら、活発に動き回っている子は「遊びたいモード」の可能性があります。

上手く気を引いてあげれば、遊び相手になってあげられるかも!?

目がボーっとしている子は、疲れているか、お腹がいっぱいです。

そっとしておいてあげましょう。笑

9.表情の変化を理解する

こちらから気を引いた時に表れる、表情の変化に注目してみましょう。

こちらからどんなアクションをすると、どんなリアクションが返ってくるか。
これが理解できると、生き物との接し方が分かってきます。

生き物が興味を示してくれることが分かると、生き物とふれあう楽しさが倍増です!

10.飼育員さんに話を聞いてみる

飼育員さんは、生き物と一番近い距離で接しています。

誰よりも生き物のことを知り、お客さんに伝えようとしている飼育員さんに話を聞いてみるのもおすすめです。

水族館の「ふれあい体験」「バックヤードツアー」など、話を聞くチャンスは意外とあります。

水槽の横に設置されている生き物の紹介パネルも、楽しい情報がたくさん書かれているのでおすすめです。

気を付けたいこと

色んなことを試して、水族館を楽しみたいところですが、ちょっと待って!

水族館には、同じように楽しもうとしているお客さんがたくさんいます。

みんなで楽しめるように、以下のことに注意してほしいです。

  • 生き物の前で「大声」を出す。
  • 水槽をバシバシと叩く。
  • 周りを気にせず騒ぎ立てる。
  • ライトや強い光を出す(フラッシュ撮影など)

これらの行為は、誰も得をしません。
生き物が怯えて隠れてしまうこともあります。

水族館の生き物たちは、いつも楽しませてくれる存在です。
わざわざ遠いところから来てくれた彼らを「大切」にしましょう。

最後に

今回ご紹介した内容は、「いちばん楽しい水族館の歩き方」という本で知りました。

紹介したのは、本に記載されている内容の「ほんの一部」です。
僕は、水族館の楽しみ方として参考にしています。

生き物と仲良くなることが、水族館を楽しむ一番の秘訣ですよ!

遊びに行く前に

僕は水族館などのレジャースポットが好きで、よく遊びに行きます。
遊びに行く計画を立てるのは楽しいのですが…

いつも入館料や宿泊費に悩まされます。

少しでも節約しないと、お土産が買えないよ…

そんな悩みは、割引クーポンを活用して解決しましょう!

入館料の割引クーポンをゲットしよう!

入館料の割引クーポンは、

といった「アクティビティ予約サイト」をチェックしましょう。

上記の予約サイトは、無料で利用できます。
アカウント登録が必要ですが、5分程度あればスマホで簡単に登録可能です。

割引クーポンを活用して、少しでもお得に楽しみましょう!

浮いたお金があれば、

  • お土産をちょっと贅沢に!?
  • ランチやディナーに一品追加!?

なんて事もできるので嬉しいです。

 

取り扱う割引クーポンは、アクティビティ予約サイトによって異なります。

じゃらんでクーポンが見つからない場合は、アソビューも探してみましょう。



中には、入館チケットとイベント体験がセットになった割引クーポンもあります。

遊びに行く計画を立てながら、クーポンを上手に活用してください!

宿泊先は「お得」と「安心」で決めよう!

今度の旅行は沖縄に行こう!
水族館に行って…ダイビングして…ショッピングして…

楽しい旅行で「やりたい事」がたくさんあると、1日だけじゃ遊びきれませんよね。
遠方に出かける場合予定が多い場合は、宿泊先を決める必要があります。

旅行の「宿泊先選び」は、とても重要です。

さんざん遊んだ後に、離れた宿泊先へ向かうのはとても疲れます。
いざ部屋に付いたら喫煙室だった!タバコ嫌いなのに…(逆もまた然り…)

せっかくの楽しい旅行が、宿泊先のせいで台無しになることもあります。
(人って「嫌な記憶」の方が、なかなか忘れられないそうですし。笑)

 

みなさんは宿泊先をどのように探していますか?

僕は学生時代からじゃらんを活用しています。
じゃらんは旅行初心者でも使いやすく、たくさんのメリットがあります。

じゃらんをおすすめするポイント
  • 地域やエリア別で簡単に探せる
  • さまざまな宿泊プランが選べる
  • 口コミ情報が豊富で安心できる
  • ポイントがたまるのでお得
  • こだわりの条件で探せる
    (予算や喫煙可否など)

初めて訪れる地域は、そこにどのような宿泊先があるか分かりません。
しかも、たまたま選んだ宿泊先が「イマイチ」なんてことも…

じゃらんを活用すれば、宿泊期間と予算に合わせた宿泊先が簡単に見つけられます。
朝食有無や喫煙可否などの条件や、サービスに応じた宿泊プランも豊富です。

なによりも、宿泊者の口コミ情報が役に立ちます。
大手サイトの信用ある口コミです。初めて行く場所の情報は、少しでも確認しておくと安心できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です