ひとり水族館の話【のんびり自由に】

水族館は観光スポットです。
観光スポットは、家族や恋人、友達と行きますよね。

遊園地も観光スポットです。
遊園地にひとりで行くことは、めったにありません。

 

じゃあ水族館も一人で行くことはない?

 

いいえ、僕は水族館へ「ひとり」で行きます。

ひとりで行きたいんです。

今回は、僕なりに思う「ひとり水族館」について書いていこうと思います。
(あくまで個人的な意見です。「あぁ、そんなやつもいるんだな。」って軽い気持ちで読んでください)

ひとりの方が良くない?

僕が「ひとりで水族館に行きたい理由」は、いくつかあります。

  • 水槽をじっくりと見て回れる
  • 気が済むまで写真を撮り直せる
  • 何周しても大丈夫(休憩なんていらない。周り続けろ!)
  • 物思いにふけても良い(現実なんて忘れよう)

じっくりと見て回る

ひとりであれば、自分の好きなペース好きな順序で館内を回れます。
ちょっと気になる生き物を見つけたら、好きなだけ足を止めても大丈夫!

誰かに文句を言われることはありません。
過去に何回も見た展示は、スルーしちゃってもいいんです!

今日の目的は特別展示だから、常設展示はさらっと流そう。
とりあえずイルカにあいさつしてからスタートだ!

良い意味で「自己中」な行動ができます。
団体行動中の自己中NGですからね。

定番の生き物を見すぎた結果、マイナーな生き物ばかりに目が向くようになる要注意です。

一緒に行動するメンバーが、まだ「その域」に達していないと「方向性の違い」で解散する危険性があります。

写真を何回でも撮り直せる

水槽の中を素早く泳ぐ生き物って、撮影するのが大変です。

納得のいく写真が一発で撮れたら良いのですが、なかなか上手くはいきません。

動いているとフォーカスが合わない

奇跡の一枚を手に入れるためには、何回も撮り直しをする「時間」が必要です。
しかし生き物たちも奇跡が起こるまで、決めポーズをして待ってはくれません。

必要な時間は、撮り直す時間だけではありません。
数少ないシャッターチャンスを、待つための時間も必要になります。

奇跡の一枚

写真にこだわると時間がかかっちゃうんです。

カメラ初心者は特にね…

でも、ひとりなら大丈夫
時間がかかっても、誰も文句を言わないよ。

何周しても良い

どれほど規模が大きな水族館でも、「2~3時間」くらいあれば1周できます。
誰かと水族館に行くときは、周辺スポットに寄ってご飯を食べたり買い物をしたりする時間も必要です。

でも僕みたいな「水族館オタク」は、水族館内に朝から晩までずっといます。

平気で「4~5周」するんです。
もちろん足が痛くなりますが、気にしません。

 

だって、水族館ハイになるから。

 

生き物たちは、僕らのためにわざわざ目の前に来てくれることはありません。
寝ている時間帯もあれば、バックヤードにいる時間帯も…

こっちに来て~

そんな時は、素直に諦めて他の水槽を見に行きます。
その後「もしかしたら、今は出てきたかな?」って、また見に行って…

それを何回も繰り返している内に、何周もすることになっちゃいます。

物思いにふける

毎日の仕事や勉強、家事や育児…
日々、疲れることばかりですよね。

そんな毎日の繰り返しが、モヤモヤした気持ちを積み重ねていきます。

そんな時は「非日常的」なことを体験するのが良いそうです。
日常的な記憶や感情が上書きされて、記憶が薄れていきます。

癒し

水族館で普段出会えない生き物を見ることは、まさに「非日常」を味わうことです。

何も考えずに大きな水槽をボーっと眺めていると、めちゃくちゃ癒されます。
せっかくの楽しい時間を、あっという間に終わらせるのはもったいないです。

ひとりで時間を気にせず、魚たちの住む世界に現実逃避すれば嫌なことも少しだけ忘れられます。

 

ただし閉館時間になったら、きちんと帰りましょう。

 

やっぱり誰かと行きたい?

ここまで「ひとりで水族館に行くこと」の良さをお伝えしました。
それでも、やっぱり「誰かと行った方が楽しい!」って思うかもしれません。

たしかに、その通りです。
誰かと水族館に行くのは、とても楽しいと思います。
(あれ?話が変わってる?)

だって誰かと水族館に行った時、楽しかったから。
でも何が楽しかったんだろう?

  • 楽しさを共感できる
  • イベントに参加しやすい
  • 周りの目が気にならない

楽しさを共感できる

人って「共感」することで、相手との心の距離が縮まるそうです。

水族館で起きた、楽しかったり驚いたりしたエピソードを共有したいとき、

J

いや、このあいだぁ~。水族館行ってんけどぉ~。
プールにね、イルカがおってん。うわぁーイルカおるやん!て。
ほんならぁーイルカがね、急にね、ぶわぁー飛んでん。
えぇーー思てぇ~。ほんまビックリして~ん。

…みたいなエピソードトークが必要です。

でも誰かと一緒に行けば、「あれすごかったね。」「そうだね。」で済んじゃいます。

イベントに参加しやすい

水族館は、さまざまなイベントを開催しています。
生き物とのふれあい体験撮影スポットでの記念写真など…

どのイベントも魅力的で気になりますが…
ひとりで参加するのって、ちょっと勇気がいるんですよね。

ひとりでは…

誰かが一緒にいてくれると、その「ハードル」がグッと低くなります。

水族館のイベントは、水族館でしか味わえない体験が魅力です。
絶対に参加しましょう!

周りの目が気にならない

「ひとり○○」をする時に一番気になることって、周りの目じゃないですか?
複数人で訪れることが当たり前な場所に「ひとり」で行くと、自分だけ浮いているような気がしちゃいます。

誰かと一緒であれば、そんなこと気にする必要もないのにね。
でも水族館に行って「水族館に来ている人」を見ることなんて、ほとんどないですよ。

僕も「ひとり」の時にカップルを見て「爆発しろ!」って思うことはあります。
ですが、恋人と行くと「恋人」と「水族館」のことで頭がいっぱいです。

周りの人なんて、見てもいなければ記憶にも残りません。

 

…まぁ水族館に限ってはそう思います。
(焼肉とかディズニーは、1ランク上の話)

どうしても気になるって方は、この先で「僕なりの対策」をお伝えします。

ひとり水族館の心構え

ひとりで水族館に行くため、最初に乗り越えなければならないハードル「ひとりで行くことへの違和感」を捨てることです。

ひとりで行くことが「普通じゃない」と思ってしまうから、周りの目が気になってしまいます。

では、どのようにすれば捨てられるのでしょうか。
僕が実践した方法をご紹介します。

メンタル

水族館に「ひとりでいること」に違和感を感じるのは、ひとりでいる理由が自分の中に無いからです。

それなら、その理由を作ってしまいましょう!

例えば、こんな感じです。

  • 大学で水棲生物の研究をしていて、水族館の生き物を観察しに来た。
  • デザイナー志望で、魚をモチーフにしたデザインを検討している。
    今日は、いい感じの魚の写真を撮りに来た。
  • 私は写真撮影歴20年。カメラを愛する写真家です。

と、理由は何でも良いです。
「何か目的があってここに来ているんですよ」って気持ちがあると少し楽になります。

改めて言いますね。
理由は何でも良いんです。どうせ誰も気にしていません。

アイテム

水族館を歩いていると、「凄そうなカメラ(一眼レフ?)」を持った方を見かけませんか?

先ほどは周りの人なんて見ていないと言いましたが、凄そうなカメラを持っていると思わず見ちゃいます。

レンズがデカいと凄みが増す(初心者の意見)

凄そうなカメラを見ると「カメラが好きな人なんだろうな」とか「写真家かな?」って思うはずです。

「写真を撮りに来ている」という理由が見えるので、ひとりでいても意外と違和感がありません。

いつも使っているカメラ

もし良い感じのカメラを持っていたら、カメラを首にかけて「カメラ好き感」をアピールするのがおすすめです。

最後に

結局、水族館は楽しい

結局、ひとりで行こうが誰かと行こうが水族館は楽しい場所です。

子どもは絶対に喜ぶし、カップルで行けば雰囲気も良くなるし…

僕みたいに朝から晩までいたい人も、日常を忘れて現実逃避したい人も楽しめます。

ひとりで水族館に行った後は

みなさんは“ひとりで”水族館に行ったことはありますか?
もしくは、これから行く予定はありますか?

ひとりで行くと、長居しすぎますよ。
写真を撮りすぎますよ。
だって楽しいから。
だれも止める人がいないから。

今の時代は、ひとりで水族館に行っても楽しめます。
エピソードはTwitterで共有写真はInstagramで共有できるからです。

少しだけ時間差があるけど、すぐにひとりじゃなくなります。

そんな僕は「ひとり水族館あるある」を共有したくて、ブログを書いてみました。

最後に一言

誰か一緒に水族館に行きませんか(T3T)笑

 

遊びに行く前に

僕は水族館などのレジャースポットが好きで、よく遊びに行きます。
遊びに行く計画を立てるのは楽しいのですが…

いつも入館料や宿泊費に悩まされます。

少しでも節約しないと、お土産が買えないよ…

そんな悩みは、割引クーポンを活用して解決しましょう!

入館料の割引クーポンをゲットしよう!

入館料の割引クーポンは、

といった「アクティビティ予約サイト」をチェックしましょう。

上記の予約サイトは、無料で利用できます。
アカウント登録が必要ですが、5分程度あればスマホで簡単に登録可能です。

割引クーポンを活用して、少しでもお得に楽しみましょう!

浮いたお金があれば、

  • お土産をちょっと贅沢に!?
  • ランチやディナーに一品追加!?

なんて事もできるので嬉しいです。

 

取り扱う割引クーポンは、アクティビティ予約サイトによって異なります。

じゃらんでクーポンが見つからない場合は、アソビューも探してみましょう。



中には、入館チケットとイベント体験がセットになった割引クーポンもあります。

遊びに行く計画を立てながら、クーポンを上手に活用してください!

宿泊先は「お得」と「安心」で決めよう!

今度の旅行は沖縄に行こう!
水族館に行って…ダイビングして…ショッピングして…

楽しい旅行で「やりたい事」がたくさんあると、1日だけじゃ遊びきれませんよね。
遠方に出かける場合予定が多い場合は、宿泊先を決める必要があります。

旅行の「宿泊先選び」は、とても重要です。

さんざん遊んだ後に、離れた宿泊先へ向かうのはとても疲れます。
いざ部屋に付いたら喫煙室だった!タバコ嫌いなのに…(逆もまた然り…)

せっかくの楽しい旅行が、宿泊先のせいで台無しになることもあります。
(人って「嫌な記憶」の方が、なかなか忘れられないそうですし。笑)

 

みなさんは宿泊先をどのように探していますか?

僕は学生時代からじゃらんを活用しています。
じゃらんは旅行初心者でも使いやすく、たくさんのメリットがあります。

じゃらんをおすすめするポイント
  • 地域やエリア別で簡単に探せる
  • さまざまな宿泊プランが選べる
  • 口コミ情報が豊富で安心できる
  • ポイントがたまるのでお得
  • こだわりの条件で探せる
    (予算や喫煙可否など)

初めて訪れる地域は、そこにどのような宿泊先があるか分かりません。
しかも、たまたま選んだ宿泊先が「イマイチ」なんてことも…

じゃらんを活用すれば、宿泊期間と予算に合わせた宿泊先が簡単に見つけられます。
朝食有無や喫煙可否などの条件や、サービスに応じた宿泊プランも豊富です。

なによりも、宿泊者の口コミ情報が役に立ちます。
大手サイトの信用ある口コミです。初めて行く場所の情報は、少しでも確認しておくと安心できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です