水族館が好きになった話

10年前:暇な大学生時代

10年前。大学の4年生、卒業の年でした。

僕は名古屋の大学に通っていました。
卒業に必要な単位をほとんど取得していたので、毎日がGWのように暇でした。

休みばかり、ゲームにも飽きた、今となってはぜいたくな悩みです。

暇すぎて水族館に通う?

やることがないから、地元にある名古屋港水族館へ通うようになりました。

当時は、特に水族館が好きでも魚が好きでもなかったです。
でも何となく、雰囲気の良さや居心地の良さを感じていました。

落ち着いた雰囲気が好きで喫茶店に通うのと似たような感覚だったのかもしれません。

デジカメを購入

大学を卒業する少し前、卒業の記念に自分へのご褒美を買うことにしました。

どうせなら「高いものを買うぞ!」と、近所の電気屋へ向かいます。

学生時代の自分にとって、家電は超高級品
例えるなら、大塚家具みたいなものです(最近、色々とあったようですが笑)。

初めて買ったデジカメ
初めて買ったデジカメ

そんな自分へのご褒美に買ったのは「コンパクトデジタルカメラ」。

通称コンデジ。機種は「Nikon COOLPIX S6000」ってやつ。

6年前:仕事がつまらない入社3年目

6年前。入社3年目。
ひよっこエンジニアのぎょぎょぎょは、慣れない仕事と合わない上司に悩んでいました。

平日は仕事と向き合う日々。

楽しくない。
興味もない。

休日は水族館で楽しむ

当時は仕事の都合で、東京で生活していました。
東京生活で唯一の楽しみは、休日に観光すること

せっかく東京で暮らしているから「色々な場所に行こう!」と観光スポットを調べると…

 

東京って意外と水族館が多いな!って気付きました。

 

これがきっかけで、東京の水族館めぐりがスタートします。

いつしか「水族館の全国制覇」を目指すきっかけに…?

関東の水族館をハシゴしたら水族館ハイになった話

デジカメの出番

大学の卒業記念に買ったデジカメは、東京観光のお供として活躍しました。
写真を撮るのが楽しくて、なんでもかんでも片っ端から写真を撮りました。

帰宅後は思い出に浸るため、水族館で撮影した写真を見るのがとても楽しい。
しかし、とある理由で気持ちがモヤモヤしてしまいました。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

写っている魚の名前が分からない…

魚の知識がなかった

写真を見ても魚の名前が分からない。

「いったい自分は何の写真を撮ったんだろう?」って、写真の魚を調べます。でも、知らない魚を調べるのは大変です。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

小さくて…青くて…いっぱいおるやん!

広大すぎるgoogleの海をさまよい悩んだ時、あることを思い出しました。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

そういえば水槽の近くに、魚の名前が書かれたプレートがあったな。

そして魚の名前を確認するため、再び水族館に行きました。

新しい発見!解説板は面白い

今まで何度も水族館に行ったけど、魚の解説板に注目したことはありませんでした。

むしろ水槽に重なって「邪魔だな…」って思うことが多かったかもしれません。

でもよく見ると、名前と一緒に「魚の特徴」や「豆知識」も書いてあって、じっくり読むと意外と面白いかも!?

解説板には豆知識も豊富
解説板には豆知識も豊富

解説板を読むことで、魚の個性的な習性を知りました。

例えば臆病な性格の魚は、いつも岩陰やすき間に隠れています。
水槽をじっくりと観察すると、確かに解説のとおり隠れてた。

ちゃんと臆病な魚が安心できるように「水槽内に隠れられる場所を作ってるんだな~」って思いました。

5年前:運命の出会い-さかなクンを知る

魚を調べていくうちに、どんどん詳しくなっていきました。

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

背中が黄色いからセナキルリスズメダイ、しっぽが黄色いのはシリキルリスズメダイ。

これ、今の自分にとっては「あたりまえ」のような知識なんですが、魚に興味がない人は知らなくて「あたりまえ」なこと。

同僚から水族館オタクと呼ばれるようになり、いつしか「さかなクンみたい」と言われるようになり…

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

さかなクン…ってだれ?

恥ずかしながら、この頃はさかなクンの存在を知りませんでした。

何かの番組でさかなクンを見つける

5年も前のことなので何の番組か忘れましたが、さかなクンを特集していました。

初めて見た時の印象は…

ぎょぎょぎょ
ぎょぎょぎょ

ぎょぎょ!って叫ぶテンションの高いおさかな芸人?

そんなさかなクンは子どもの頃から魚に夢中で、それが今も変わっていない。

変な人だなって思いながら、いつの間にか「夢中になって番組を見ている自分」がいました。

憧れの存在に

学生時代は「好きなことを仕事にしよう」なんて発想はありませんでした。

大学を出て地元に就職する。
安定した仕事ができれば良い。

そこに興味があろうがなかろうが関係ない。

今の仕事じゃなくて「水族館で働けば良かった」と思ったこともありました。

でも考えるのが10年遅かった。
「今さら、もう遅い」と諦めることしかできない。

 

さかなクンは、好きなことをとことん追求している。
それを仕事にして活躍している。

それだけでカッコよく見えました。
尊敬するしかなかったです。
(さかなクンは、別にそんなつもりないかもしれないけど)

今:水族館が好き

好きじゃない仕事は、生活のため今も続けています。
(追記:2019年に退職しました。今はやりたいことをしています。)

最近は、Youtuberが「好きなことで、生きていく」をキャッチフレーズにしていますね。

「好きなことだけしながら生きていけたらいいな」って思うことがあります。

「どうせ無理だ」って諦めるんだけどね。

できることをやろう

過去に仕事を辞めようとしたことがあります。
水族館の飼育員になろうと思ったからです。

でも、飼育員の大変さを知ってすぐに諦めました。
今の自分にはハードルが高すぎた。

今から「好き」を仕事にするのは難しい。
だから、他にできることがないか考えました。

そして今、ぎょぎょぎょと名乗って、ブログを書いて、水族館の楽しさを伝えています。

けっこう楽しいですよ。

ブログがきっかけで気付いたこと

ブログをきっかけに、InstagramやTwitterのアカウントを作成しました。
少しずつですが、水族館好きとのつながりができました。

さまざまな人たちと関わることで、世の中には水族館好きがたくさんいることを知りました。

  • イルカやペンギンが好きすぎる人
  • 水族館に通いすぎて「関係者?」と勘違いしてしまう人
  • エピソードが強すぎて「本当に実在するのか?」と疑うほどの水族館めぐらー

僕は水族館好きのエピソードを聞くたびに、恐ろしくて足が震えてしまいます。
…何が恐ろしいのかは伏せますね。笑

【最後に】水族館はもっと楽しめる!

水族館には、たくさんの生き物がいます。

堂々と水族館のセンターに立つ人気者。
水槽の片隅に隠れて目立たない魚たち。

すべて水族館の主役です。

彼らに興味を持ち、もっと知ること。
それが水族館を「もっと楽しむ」きっかけなのかもしれません。

僕はこのブログで、そのきっかけを作れるように頑張ります。

世の中にさかなくんやさかなちゃんが、もっと増えますように。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。