【雑談】水族館を好きになった話

10年前 暇な大学生時代

暇な大学生活

10年前。大学の4年生、卒業の年でした。

名古屋の大学に通っていたぎょぎょぎょは、卒業に必要な単位をほとんど取得していたのででした。

休みばかり、ゲームにも飽きた、今となってはぜいたくな悩みです。

水族館に通うように?

やることがないから、地元の名古屋港水族館に通うようになりました。

当時は、特に水族館が好きでも魚が好きでもなかったです。

雰囲気の良さ、居心地の良さを「何となく」感じていただけでした。

喫茶店が落ち着くから通うのと似たような感覚です。

デジカメを購入

大学を卒業する時、卒業の記念に自分へのご褒美を買うことにしました。

どうせなら高いものを買おうと、近所のヤマダ電機へ向かいます。

学生時代の自分にとって、家電は超高級品。例えるなら、大塚家具みたいなものです。

 

そんな自分へのご褒美に買ったのは「コンパクトデジタルカメラ」

通称コンデジ。機種は「Nikon COOLPIX S6000」ってやつ。

6年前 入社3年目、つまらない仕事

平日の仕事がつまらない

6年前。入社3年目。ひよっこプログラマーのぎょぎょぎょは、慣れない仕事合わない上司に悩んでいました。

平日は仕事と向き合う日々。楽しくない。興味もない。

その当時は仕事の都合で、東京で生活をしていました。

休日は水族館で楽しむ

そんなぎょぎょぎょの唯一の楽しみは、休日に観光することでした。

せっかく東京に来ているので、色々なところに行こうと観光スポットを調べると…

 

東京って意外と水族館が多いな!って気が付きました。

これがきっかけで、東京の水族館巡りがスタートしました。

いつしか全国制覇を目指すきっかけに…?

デジカメの出番

卒業記念に買ったデジカメは、東京観光のお供として活躍していました。

写真を撮るのが楽しくて、なんでもかんでも片っ端から写真を撮りました。

帰宅後、思い出に浸るため水族館で撮影した写真を見た時、モヤモヤしてしまいました。

ぎょぎょぎょ

写っている魚の名前が分からない…

知識がなかった

写真を見ても魚の名前が分からない。

「いったい自分は何の写真を撮ったんだろう?」って、写真に写った魚を調べました。

だけど、知らない魚を調べるのは大変でした。

ぎょぎょぎょ

小さくて…青くて…いっぱいおるやん!

googleの力を使いこなせず悩んだ時、あることを思い出しました。

「そういえば、水槽の近くに魚の名前が書かれたプレートがあったな」

そして、「魚の名前を確認する」ために、再び水族館へ行きました。

新しい発見

今まで何回も水族館に行ったことはあるけど、名前のプレートをしっかり見たことはありませんでした。

むしろ、たまに水槽にかぶっていたりして、邪魔だなって思うこともありました。

でも、よく見ると名前と一緒に「魚の特徴」「豆知識」なんかも書いてあって、じっくり見てみると面白い!

 

例えば、魚は個性的な習性を持っていることを知りました。

臆病な性格で、いつも岩陰やすき間に隠れている魚がいます。

水槽を見てみると、たしかに隠れてる!

ちゃんと臆病な魚が安心できるように、水槽内に隠れられる場所を作ってるんだな~って思いました。

5年前 運命の出会い

さかなクンを知る

魚を調べていくうちに、どんどん詳しくなっていきました。

背中が黄色いからセナキルリスズメダイ、しっぽが黄色いのはシリキルリスズメダイ。

これ、今の自分にとっては「あたりまえ」のような知識なんですが、魚に興味がない人は知らなくて「あたりまえ」なこと。

同僚から水族館オタクと呼ばれるようになり、いつしか「さかなクンみたい」と言われるようになり…

ぎょぎょぎょ

あれ?ちょっと待って、さかなクンって何?

恥ずかしながら、この頃はさかなクンの存在を知りませんでした

何かの番組で

5年も前のことなので、何の番組か忘れましたがさかなクンの特集をしていました。

初めて見た時の印象は「ぎょぎょ!って言う人」「おさかな芸人?」

そんな、さかなクンは子どもの頃から魚に夢中で、それが今も変わっていない

変な人だなって思いながら、いつの間にか「夢中になって番組を見る」自分がいました。

憧れの存在に

学生時代は「好きなことを仕事にしよう」って発想なんてありませんでした。

大学を出て地元に就職する。安定した仕事ができれば良い。興味があろうがなかろうが。

 

今の仕事じゃなくて、水族館で働けば良かったと思ったこともありました。

でも考えるのが10年遅かった。「今さら、もう遅い」と諦めることしかできない。

好きなものをとことん追求して、それを仕事にして、活躍しているさかなクンはカッコよく見えた。尊敬するしかなかった。(さかなクンは、別にそんなつもりないかもしれないけど)

今 水族館が好き

好きなことで、生きていく

好きじゃない仕事は、生活のため今も続けています。

今は、Youtuberが「好きなことで、生きていく」をキャッチフレーズにしています。

「好きなことで、生きていけたらな」って思ったことは何度もあります。

「どうせ無理だ」って諦めるんだけどね。

できることをやろう

昔、仕事を辞めようとしました。水族館で飼育員になろうと思って。

でも、大変さを知ってすぐに諦めました。今の自分にはハードルが高すぎた。

今から「好き」を仕事にするのは難しい。だから、他にできることがないか考えました。

 

そして今、ぎょぎょぎょと名乗って、ブログを書いて、水族館の楽しさを伝えています。

Instagramに写真を投稿して、イイネ♪をもらっています。

やってみて分かったこと

InstagramやTwitterで、たくさんの水族館好きとつながりができました。

水族館好きとのつながりができて、世の中には水族館好きがたくさんいることを知りました。

イルカやペンギンが好きすぎる人恐ろしいくらいのマニア。
何が恐ろしいのかは伏せますね笑

 

職場や友達からは「水族館マニア」と呼ばれていた自分が、あまりにも小さく感じました。

「あぁ…これがメジャーリーガーなのか」と草野球のグラウンドから思いました。

最後に

水族館はもっと楽しめる!

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

水族館には、たくさんの生き物がいます。

堂々とセンターに立つ人気者のイルカやラッコ、片隅に隠れて目立たない魚

すべて水族館の主役です。

 

彼らに興味を持ち、もっと知ることで、水族館に行くことが楽しくなります。

僕や、さかなクンのように。

 

僕は、このブログで、そのきっかけを作れるように頑張ります。

世の中にさかなくん(ちゃん)が、もっと増えますように笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です